お忍びのひとときが持てないのが辛かっただ

あたいがナースの仕事をして一番に辞めたいと思った理由は、一旦私事の時刻を持つことができないところです。あたいには交際している男性がいました。社交5年目線なこともあり、階級類にももうお互いに結婚式を決めるという話にもなっていたのです。でもあたい自身のナースとしての職がはなはだ忙しく、あたいが夜勤の時に彼は日勤で、ウィークデイも出会えることが無くなり、久方ぶりの休日もうんざりという疲れてしまってどこへも出掛けることがありませんでした。彼には心からエネルギーをかけました。あたいが仕事をして疲れているときは、メンテナンスや洗濯などを全てこなしてくれていたのです。ナースとして動く結果大切な個々を失うのではないかというリスクがありました。食い違いの毎日が続き、初めて彼から離別を申し込まれたのです。結婚式を通じてもこんなくらしが貫くのでは隅っこが見えないといったいわれました。その時に、今までエネルギーをかけてしまったことを思い起こし、ナースの職を辞めたいというようになりました。自分のライフスタイルが職で奪われて仕舞うような、こんな困難があったのです。只彼は離れることになってしまいました。暫しショックで食欲もなくなりました。職って私事を上手く両立やれる個々が、ナースに向いています。